サン工業では住宅の塗り替えリフォームに、約2週間かけています。
約2週間の間でどのような施工がされているのか、大まかな施工の流れになりますが、 参考にしていただければと思います。

1.【現場調査】

お問い合わせをいただきましたら、まずお家の調査をさせていただきます
屋根に登って普段見ることが出来ない箇所をチェックしたり、外壁の種類やひび割れなどをしっかりと調査します。
調査結果を参考にして御見積書の作成となります。

2.【足場設置】

しっかりとした足場でないと良い仕事は、出来ません。もちろん安全にも配慮しなければいけませんね。
当社では、足場専門のプロに依頼しています。

3.【高圧ジェット洗浄・屋根 外壁】

屋根に生えている藻やコケを念入りに高圧ジェットで洗い流し、外壁では軒下に溜まったホコリや北面に多く生えている藻やカビなど、スッキリ落とします。塗装する前の大事な下準備。(下地調整が先になる場合もあります)
近隣の方に迷惑が掛からないように事前に洗浄日をお伝えします。

4.【下地調整】

一番大事と言ってもよいのが、下地調整。
塗料を塗れる状態にしていきます。外壁のヒビや窓周りのシーリングなどの防水処理も一緒に。
どんなに良い塗料を塗っても下地調整が良くなかったら意味が無いくらい大事な工程になります。
下地に合わせて材料を選びしっかりと時間を掛けて調整していきます。

5.【屋根・外壁の下塗り】

下塗りには、上塗り塗料との密着性や下地強化、ひび割れ防止などの効果があります。
塗る種類にもよりますが厚みをつけるためたっぷりと塗ります。(下地の劣化具合により1~2回塗ります)

6.【屋根・外壁の中塗り・上塗り】

上塗り塗料は2回塗りが多いですが状況に合わせて3回塗りにしたりもします。
しっかりと塗膜を確保しなければいけないため希釈率などにも気を使います。
ローラーや刷毛などを上手に使い仕上げていきます。

7.【付帯部塗装】

付帯部とは、雨樋・破風板・庇・軒天・鉄部などになります。

8.【最終確認・足場解体】

塗り作業が終わったら各部位の最終確認に入ります。
何人もの目で確認して塗り残しが無いか、塗りムラは大丈夫かなどを見ます。
確認作業が終わったら足場解体となります。
地面についた汚れなども見落とさないように

9.【完工・お引き渡し】

工事期間中はお気遣いいただきありがとうございました。
当社では、各プランに応じて保証書を発行しています。工事完了後にお渡しいたします。

bana_camp2

新座で美しい仕上がりを実現する丁寧な下地処理と安心の三度塗り外壁塗装の一連の工程をご紹介します

サン工業にお問い合わせいただきますと、新座を拠点として速やかに現場のご確認やお見積りに上がらせていただきます。ご依頼をいただいてからは、じっくりとお時間をおかけして、ご満足いただける納得の工事をご提供させていただきます。
お打合せの段階では後からご不満が出ないよう、塗料の種類のご説明やカラーシミュレーションを丁寧に行い、ご希望やご予算に合ったご提案をいたします。外壁塗装の工程は2週間から3週間かけて、丁寧に施工させていただきます。
前回の外壁塗装から10年前後の間、風雨や紫外線にさらされた外壁をしっかりと補修し、下地を整えたうえで耐久性を高め、美しい仕上がりを実現するための三度塗りを行いますので工期は長くなりますが、その分ご満足いただける納得の仕上がりをお約束いたします。

サン工業の苦手なこと

辻中の想い

仁科仁美様対談内容

自信の10年保証実施中!

KFスーパーセラシリーズの特徴

bana_soudan

塗装について

サン工業について

  • 求人募集 協力業者募集
  • サン工業の施工の流れ
201211161744583327
Copyright © 有限会社サン工業 All Rights Reserved.